EPL JAPAN
  【用途等 ならびに 取扱い 及び 保管方法 】

法定表示

消防法 : 第四類第三石油類   危険等級V  火気厳禁

▲警告

使用したエンジン油に長期間触れた場合、動物実験では皮膚ガンになる可能性のあることが報告されています。取り扱う際はゴム手袋等で保護をして直接皮膚に触れないで下さい

▲注意

 

取扱 い上の注意事項

●エンジン・ミッション等が熱いときの本剤の添加・油の抜き取りは、火傷の危険がありますので、十分冷めてから作業して下さい。
目に入ると結膜障害を起こすことがありますので、取り扱う際は保護眼鏡を使用する等目に入らないようにして下さい。
皮膚に触れると炎症を起こすことがありますので、取り扱う際は保護手袋を使用する等皮膚に触れないようにして下さい。( アレルギー体質の方は特に注意して下さい。
飲まないで下さい。(飲み込むと 下痢・嘔吐します
子供の手の届かないところに保管して下さい。

応急処置

●目に入った場合には清浄な水で十分に洗浄し(15分以上)医師の診断を受けて下さい。
●皮膚に触れた場合は、水と石鹸で十分に洗い流して下さい。異常が残る場合に
医師の診断を受けて下さい
●万一飲み込んだら無理に吐かせずに、直ちに医師の診断を受けて下さい。

廃油廃容器の処置

処理方法は法令で義務付けられていますので、購入先にご相談下さい。

保管方法

火気厳禁の上、密栓し、直射日光を避け暗所に保管して下さい。
長時間キャップを開けたまま放置しないで下さい(性能低下や品質低下を起こします。

PL−500 よくある Q&A


Q1: 3%−10%迄使う量に差があるのは?

PL−500は速効性があります。でもその効果をすぐ体感するには、8%−10%必要なのです。5%で、ただ注入しただけでは若干時間がかかります(200Km-300km位走行する迄)。3%ですと、オ-トマティックトランスミッションや、LSDを除いて、ある程度の時間が必要です。この素晴らしい効果をすぐに体感したいですネ。だから初回は、量をたくさん使うのです。


Q2: 初めて注入する時には、オイルフィルタ−の交換は必要? 

基本的には、注入するエンジンのスラッジがどれだけ溜まったり、こびりついているかによって差があります。PL−500には、強い洗浄力があります。低温スラッジがたくさん付いているエンジンは、初回の注入でいっきに汚れを落としますから、フィルタ−が詰まったりする可能性があるわけです。愛車のメンテナンスに自信のない人は、交換した方が無難です。


Q3: 効果はどのくらい持続するの?   

PL−500は、金属摩擦の強さによって、反応の強さが違うという独特の化学反応をします。摩擦を起こしている場所によって、出来上りの面が違うのです。小さな摩擦しか起きていない所では、それに耐える面を作ればいいし、大きな摩擦が起こっている所では、その力に耐えなければいけないのですから、しっかりと反応します。ですから大抵は、一度処理された面の持続力は、相当な時間維持されます。でも、それは理想の潤滑状態で同じ運転が連続してできる人の話です。−般道路を走っていれば不可能ですネ。いつもと違う状況が発生した時、少しの反応しかしていない面に大きな力がかかったら磨耗します。状況によって違うのです。


Q4: オイル交換のたびに注入する必要があるの?

Q3の続きになりますが、少しの反応しかしてない面に大きな力が加わったら磨耗しますネ。でも、そんな時PL−500があったらどうですか? 即反応を開始し、最小限の磨耗で済むわけです。いつどんな状況になるかわからないので、安心のためにも常時注入をお奨めします。


Q5: 新車から使っていいの?

もちろんOK!です。オイルだけの場合より、荒れの少ない、しっかりした油膜のできる面を作りますから、大賛成です。新車から注入し続けたエンジンと注入せずに走り続けたエンジンを、例えば2万Km走行時で比べてみて下さい。エンジンの吹き上がりも、パワ−、音も随分と違うと思います。でも、欠点が一つあります。それは、新車に入れた場合、感激する程の体感は出来ないのです。何故ですか? だって、あなたは、その新車に注入せずに乗った状態がどんなのかわかりませんよネ。ですから、使用前、使用後の差がわかりにくい。ごめんなさい。


Q6: そんなに摩擦を減らす効果が高いならオイルも長持ちするし、オイル交換は必要ないのでは?

あまい!! そんなことではダメですよ。エンジンオイルは、もっと他にも重要な役割があるのは、ご存じですよネ。ガソリンが燃焼した時の高温を冷やしたり、発生したカ−ボンをオイルの中に包みこんだり、圧縮による吹き抜けを防いだりと、もっと色々な所でたくさんオイルは働いています。どんなにすばらしいオイルでも、3000Kmも走ったら、クタクタになっています。どうか換えてあげて下さい。そうする事で、愛車はいつも快調なのです。


Q7: エンジン、ミッション、デフ、オートマ、おまけに工作機械に迄使える。これ一本で本当に?

本当です。何故? PL−500は金属同士の摩擦が起きている箇所だけに反応します。この事が、まず重要なポイントです。そして、もう一つ。質問の箇所に使われるオイルは、ほんの数種を除いて、大部分は、そのべ−スオイルは鉱物油か、合成油、それに、その両方を混ぜた半合成油(部分合成油)です。あとは、それぞれの用途に合わせて、粘度を合わせ、添加剤調合をします。ということは鉱物油や合成油に相性が良く、加えられている添加剤と”悪さをする反応”が起こらない様にすれば、すべてに使ってもらえるわけです。それができたからこそ、これ一本でこんなに多用途に利用できるのです。


Q8: 本当にオールラウンドなの?

そ うです。ですが、やはり『100%』なんてありませんよネ。PL−500も”完全100%”ではありません。
それは粘度の問題です。硬くするのか、軟らかくするのか、がテ−マでした。よく考えてみると、粘度を合わせやすいのは軟らかくすることです。何故なら、PL−500を多量(8%以上)に使った場合、べ−スとなるオイルの粘度を一つ硬くしてもらう事で解決できるからです。硬かったらどうでしょう。ベ−スオイルの粘度を下げる必要があるケ−スでも、5W−30を1つ下げようとした場合を考えると、OW−20なんていう商品、そうないですネ(ちなみにEPLにはあります)。だから軟らかくしました。粘度は5W程度です。ですから、多量に添加する場合(8%以上)には、ベ−スオイルの粘度を1クラス上げて注入して下さい。


Q9: バイクの場合、クラッチはスベらない?

問題ありません。何故? 基本的には2つの点で解っていただけます。1つ目は、PL−500は一切の固形添加物を使っていないという点です。固形添加物を使用しているものは、どんなに”大丈夫”という説明をされてもやはり心配です。何故なら、オイルに混ざっていた固形添加物が、オイルをしっかり除去しても(オイルをきる)、クラッチプレートなりフリクションプレートなりに少しは付着してしまいます。それが滑りにつながるからです。2つ目は、オイルにPL−500を混ぜ合わせたら、例えば1年間置くだけで放っておいても、分離しません。ベ−スオイルに充分に融和してくれるのです(相溶性が高い)。と言うことは、PL−500を添加しても、ベースオイルと同化しますので、機械的に”オイルをきる”機構のものは、PL−500もいっしょになって”きれてしまう”のです。だから大丈夫なのです。もちろん、その機械的に”オイルをきる”機構そのものの力が弱っていて、”オイルをきる”ことができないケースでは滑ってしまいます。実に気持ちよく滑ってくれますから、ここでもPL−500の効果(摩擦を減らす)がわかってもらえます(これは迷惑なことですが)。


Q10: PL−500を使う場合、マシンチェックはどうしたらいいの?

あなたのマシンが、常時適切なメンテナンスをされていたら、何の問題もなく注入して
下さって構いません。
でも、そんな完璧に近いマシンはそうないと思います。ですから、一般的によくあるケースを紹介します。


イ: 注入するヶ所のベースオイルがヘタっていないか?

全体の主役であるオイルがヘタっていては、PL−500がいくらスグレ物でも、体感できる効果はうんと少ないものになってしまいますから、是非新品の良いオイルに換えてから注入してください。


ハ: シールが弱って、オイル漏れや、にじみがないか?

特にエンジンやミッションに多くあります。オイルメンテナンスの悪さからシールが悪くなっていても、メンテナンスの悪さのおかげでスラッジが溜り、漏れだすのを防いでくれたり、にじみを押さえたりしてくれていたケースです。マシン本来の性能は発揮されていなくても走れますから、気がつかない方が意外と多くいらっしゃいます。PL−500は強い洗浄力がありますから、低温スラッジなんかはいっきに洗い落としてしまいます。シールからいきなり漏れだしたなんていうこともあります。もちろん、いたんでいないシールなら何の問題もなく使ってください。


ニ: 全体的な環境(トータルバランス)に問題はないのか?

ちょっと難しいので、簡単な例をあげて説明します。エンジンにPL−500を注入して、”バリバリ”に快調なエンジンになりました。そうすると、注入前の ”ヘナヘナ”エンジン状態ではしっかりと役目を果たしていたブレーキ君が、”バリバリ”エンジンのまえでは役に立たないものとなってしまいました。効いていたブレーキも本来の性能ではなかったのです。マシーンにはこんなことがよくあります。バイクも車も、”トータルバランス”はとても大切なことです。1ヶ所だけ特別なことをしても、全体に繁栄されなければ余り意味がありません。そこを考えてPL−500をご利用下さい。

PL−500の補足説明 > <PL−220Sの補足説明

 
このサイトの著作権はEPL JAPAN incが所有しており、データの無断転用を禁じます
c2000 EPL JAPAN inc, All rights reserved
.